フェイスブックページへ

料理長ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013/02/11

バレンタインデーがKU・RU・ZE

こんばんわ、荒木田です。

 

 

こないだ上野にある二木の菓子というお店でチョコを買いました。

 

 

 

 

 

僕は周りからヒカレルぐらい甘いモノをばりぼり食べます。

 

 

糖尿病一直線ですね、気をつけます。

 

 

 

 

 

 

 

あっそれでチョコを買ったんですよ、こうゆうやつなんですが

 

 

 

 

 

 

これをお店とかでポリポリ食べてたら

 

 

 

 

 

「それってバレンタインのチョコとかを作る材料用のチョコじゃないの?」

 

 

と言われました。

 

 

 

 

 

どうりで店員に変な顔で見られてたんですね。。。。(考えすぎ)

 

 

 

 

なにはともあれ食べ過ぎには注意しましょう。

 

 

 

 

 

っということであと3日もすればバレンタインデーがやってきます。

 

 

 

 

 

 

ここらでバレンタインデーのおさらいをしておきましょう!


 

2月14日に祝われ、世界各地で様々な贈り物をする日。

チョコレートに限定してプレゼントするのは日本ぐらいのもので、

欧米では普通に花とかも贈る。

 

 

昔からよく聞くのは

 

森永製菓がバレンタインにチョコを贈る という風習を流行らせたという説ですね

 

 

実際そうであったのかは結構あやふやでして

 

 

単に中高生らが主導的に定着させたとの見方もあります。

 

 

 

 

まぁチョコ製造メーカーがこの時期儲かりまくってるのは確かですな。。。

 

 

 

バレンタインデーにちなんで他にもいろんな日があります。例えば

 

 

 

 

①ホワイトデー

バレンタインデーの1か月後である3月14日に男性から女性へ返礼のプレゼントをする日

 

 

 

②オレンジデー

柑橘類生産農家などが4月14日をオレンジデーと呼び、便乗してオレンジを贈り合ってみてはどうか!と提案しているがほとんど認知されておらず、浸透もしていない。

 

 

 

③メイストームデー

ことわざ「八十八夜の別れ霜」より、バレンタインデーから88日後の5月13日を別れ話を切り出すのに最適な日としている。聞いたことないんですけど。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まぁ3月14日は「おせっかい屋デー」なんですけどね!

 

 

 

 

ということで皆さんブラックサンダーでもいいのでお待ちしております(^^)

 

 

 

今回キーワードは明治です。

 

 

 

ではまた次回!