フェイスブックページへ

料理長ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013/03/25

料理の雑学

こんばんわ。

 

 

先日オタク川柳っていうグランプリがありまして

 

 

入賞作品が面白かったのでちょっと紹介しようと思います。

 

 

 

 

 


 

 

「お仕事は?」 「自宅警備と 狩り少々。」

 

 

 

これは家に引きこもってオンラインゲームをしている様ですね

 

 

もうオタクっていうよりニート川柳になってます。

 

 

 

 

あとはこんなのもありました。


 

 

 

 

おかあさん 昔はマチルダ 今はドム

 

 

 

 

 

 

 

ツンデレは 2次元までだ 覚えとけ

 

 

 

 

 

 

 

 

みんな上手いこと考えるものですね(笑)

 

 

 

 

 

 

 

さて料理の雑学と題しましたので、さっそく行ってみようと思います。

 

 

 

 

 


 

①おあいそ!

 

 

 

「おあいそ」

 

 

 

皆さんの中にもお会計の時にこのセリフを言ったことがあるひとがいると思います。

 

 

 

 

実はこのセリフ、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客の立場の人が言うのは間違いだと知ってましたか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「おあいそ」は漢字で書くと「お愛想」。店の人の特別な心づかいやもてなし、という意味なんです。

 

 

 

 

 

 

元々、「お愛想」は、お店の人が「何のお愛想もできませんで…」と言いながら

 

 

 

 

お客さんにお勘定書を渡していた時の言葉なんですねー!

 

 

 

 

 

 

また、「お金のことを言うのはお愛想のないことですが」という意味もあります。

 

 

 

 

 

「おあいそ」とお客の立場の人が言うと、本来の意味からすると

 

 

 

 

「この店には愛想がつきたから帰ります!」という意味になってしまうので、気をつけて下さい。

 

 

 

 

ですから、お勘定の際は、

 

 

 

「お勘定」、「チェックして」、「お会計をお願いします」、「ごちそうさまでした」

 

 

など声に出すか、

 

 

“人差し指で×印を作る”や、“ペンで書く真似をする”などのジェスチャーでも大丈夫ですよ!

 

 

 

 

 

とはいえども、意味が通ればそれでもいいかという気になってしまいます・・・・笑

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


②鉄火巻き

 

 

神田は割りと寿司屋が多いような気がします。

 

 

 

 

普通の握りもおいしいですが、巻物なんかも乙ですよね。鉄火巻きとか

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんで鉄火巻っていうか知ってますか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その前に、鉄火場というのはご存じでしょうか?

 

 

 

 

実は賭博場のことを鉄火場というんですが、この鉄火場というのは、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鉄のように張り切った気持ちで、火のように熱い勝負をしたからだといわれています。

 

 

 

 

 

 

江戸時代の鉄火場すなわち賭博場で、博徒たちに好んで食べられていたことに由来するらしいです。

 

 

 

 

 

博徒↓

 

 

 

 

 

鮪をのりで細巻きにした鉄火巻き、勝負をしながら手軽に腹ごしらえができて、海苔で巻いてあるので

 

 

 

 

 

サイコロや花札を持つ手に飯粒がつかず、都合が良かったというわけです。

 

 

 

 

 

 

 

今回はこんなところで!それではまた次回!

 

 

 

 

 

キーワードは「花山薫」です