フェイスブックページへ

ドリンク担当ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016/08/05

【全国47都道府県日本酒ご紹介】NO.8「 一人娘(ひとりむすめ) 」

47都道府県 関東編の始まりです。

メニュー順でいくと 先だって伺った茨城県の一人娘からのようです。 さて、この一人娘の酒蔵 「山中酒造店」様 創業は1805年といわれているようです。確かに門構えが重厚でした。

茨城県は常総市 のどかな地域でした。

さてさて 一人娘本醸造のスペックは

使用米 茨城県産一般米 その他
精米歩合 70%
日本酒度 +3
Alc 15.5度

10℃で 口に含んだ瞬間に苦味 後からジワァ〜とアルコール
15℃で 樽酒のようなマッタリとした日本酒の余韻が心地良し
20℃で 辛味が強くなる
25℃で 日本酒のアルコールが前面に出てくる
30℃で 日本酒の辛味と旨味がベストバランス スパスパ切れる
35℃で 忘れていた記憶が喚起される
40℃で 昔、お正月に親戚の叔父から飲まされた日本酒の味 昭和の味

昔の日本酒は こんな味だったなぁ 懐かしい ど直球!

次回は栃木県 鳳凰美田です。

では