フェイスブックページへ

ドリンク担当ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016/08/08

【全国47都道府県日本酒ご紹介】NO.9 「鳳凰美田 本吟(ほうおうびでん ほんぎん)

私の父方が栃木を出自としております どうもカワツレです。

栃木県って 「何にも無いんですよ!」 本当に!

皆さんも知っている有名なモノは宇都宮餃子とか佐野ラーメンとか古印最中と・・・?
古印最中知りませんか? あぁそうですか 知らないですか まぁそんなもんです。

栃木県に舞い降りた全国区レベルの知名度と全世界レベルの美味しさを併せ持つ スーパー真面目な酒蔵 小林酒造の鳳凰美田の紹介です。

47都道府県 日本酒飲み放題にチラチラ入る 採算度外視 日本酒のウチの1本が今回の

「鳳凰美田 生詰 本吟」なんです! なんです‼︎

小林酒造の創業は明治5年 小山市は大字卒島で日夜 日本酒を真面目に真摯に作り続けております。

この酒蔵がワシは大好きです。 ものすごくリスペクトしております。

小林酒造の商品 日本酒(リキュールも)の造り方が すべて品評会に出せるのでは? という雫搾りや ふね搾りと呼ばれる上槽で造り出されております。スッゲーっす マジ ぱねぇっす!

品評会用だから良い とか、希少だから欲しい とかでは無く 自分の信じる道を邁進するスタイルに惚れてしまいました。

チト長くなりましたが スペックから

使用米 美田地区若水
精米歩合 55%
日本酒度 +4
酸度 1.2
アミノ酸度 0.9
Alc 16〜17度

5℃で 甘味強め 喉奥にかすかなアルコール
10℃で ゆるやかな喉越し
15℃で ゆるやかな感じそのままに丸みを増す
20℃で 柔らかく包み込むような甘味がのびる
25℃で 酒米の旨味と日本酒のアルコールで楽しめる 好印象
30℃で 日本酒のアルコールが前面に出て 辛味と喉越しが調和
40℃で 味が濃くなる 呼吸の度に本吟の美味さが楽しめる

いつかは全種類を取り扱いたい 注目度(大)の酒蔵様です。