フェイスブックページへ

ドリンク担当ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加

2015/04/20

弐号店、引っ越しました。

どうも、平井です、最近弐号店で常にいじめられている平井です。
雨が降ったら僕の涙だと思ってください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日また茨城は神栖まで赴いて日本酒を大量に仕入れてきました。
今の価格3段階もわかりやすくていいかな?とも思ってたのですが、

 

さらにわかりやすく統一することにしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基本、グラス599円・徳利小799円・徳利大が1399とお得にわかりやすく飲みやすくご提供です。
それとは別に日本酒を大量に仕入れた分で日本酒飲み放題も始めてみようと思ってます。
2時間からの承りになりますが、1時間1199円でのご案内となります。
常時50種以上日本酒を用意してますので5回来ても飽きないと思われます、たぶん、きっと。
上記の価格帯とは別に、

 

私が個人的に試飲したい日本酒なんかも淳平オーナーを説得して仕入れてきました。

さすがに1升で6000円以上する飲んだことないモノらなので

 

統一価格・飲み放題には対応できませんが・・・。

 

でもでも、統一価格・飲み放題でも生?や山廃、本醸造から大吟醸まで、原酒もあれば生酒もあり。
と飲み飽きせずに飲み続けれるラインナップとなってるはずです。
それぞれの語句の意味は店で聞かれるか、ここで質問があれば答えようかと思います。

 

 

日本酒話ばかりで何なのですが、もう一つ。
店内のレイアウトを若干変えました。
お店の奥の方に冷蔵庫をまとめて、大量に一升瓶を冷やしておける且つ
店内からも自慢のお酒コレクションが見えるようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

木曜日の夜に暇だったので突発実行。
テレビを外すのに手間取ったりもしましたが、なんとか1日で終わって大満足であります。
今まで頑張って働いていたテレビ君は今、カウンターの上で静かに休んでます。
次の設置場所が決まらずに、とりあえず置き晒しになってるのが実情ですが・・・。
ちなみにお店の奥に冷蔵庫をまとめたのはオペレーションの問題以外にも、
お酒に直射日光を当てずに長持ちさせるためだったりもします。
冷蔵庫の中で直射日光や強い光をあてなければ、普通に火入れされてるお酒なら

 

滅多なことでは劣化しません。

生活の知恵(?)です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後にうちのMr.タオルアルバイターこと、エンザンの顔写真でお別れしようと思います。
さよならサヨナラ。