フェイスブックページへ

ドリンク担当ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加

2016/08/25

【全国47都道府県日本酒ご紹介】NO.18 「三千盛 普通酒(みちさかり ふつうしゅ)」

今回は岐阜県の多治見市に酒蔵を構える三千盛さまの普通酒
「三千盛 普通酒」をレビューしていきます。

ちなみにこの酒蔵さまは安永年間(1771)創業の大変古くから日本酒を造っている酒蔵さまで辛口の日本酒を造ることにかけては筋金入りの酒蔵さまのようで御座います。 レビューをする前に読んでいたら 完全に引っ張られてしまっていた事でしょう。

さてスペックは

使用米 国産米
精米歩合 60%
日本酒度 +15
酸度 1.3
Alc 15〜16度

5°Cで スパッと切れる 若干の甘みを持っている 好印象
10°Cで 辛いが美味いし上手い
15°Cで あ、美味い 颯爽としている
20℃で 辛味が薄まった感じがする。 好印象
25°Cで バランスが変わった 辛味がどう変化するのか楽しみ
30℃で うほー!辛い!吐息も辛い!明日やばい気がする
35℃で 辛味を物凄く上手にコントロールしている 本当にうまい
40℃で これぞ辛口燗酒!ここまで辛口で押し通すとは 脱帽です

普通酒なのだから醸造アルコールを(特定銘柄よりかは)多分に含
んでいるであろうに アルコール臭がしない いや、しづらいのか
・・・なんにせよ ここまで辛く そして美味い日本酒は初めてかも知れません。 勉強になりました。そして酔っ払いました。
お休みなさいませ〜