フェイスブックページへ

ドリンク担当ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012/11/23

技術について

 

ども、おはようございます。

今日は最近、問いかけられて改めて考えさせられた事について。

 

 

先日、私の知人は、お客様からテキーラサンライズのオーダーを頂き提供させて頂いた所、

処方がお気に召さなかったらしく、

 「テキーラサンライズをシェイクしないバーテンダーは失格だ」とのお言葉を頂いたそうです。

 

 

コレは事前にお客様の好みについてのヒアリングに不備があった知人に非があったのでしょうが、

バーテンダーの理を外してあえて言わせて頂きたいです。

 

 

コレって実は中々困った理屈でして、

私達バーテンダーが作るカクテルの殆どは「ビルド」「ステア」「シェイク」の三種類の 技術から成る物で、

それぞれの技術で作るカクテルは、セオリーに沿って考えた場合

「その技術で作った結果の+と-がぶつかり、最終的に+が残る」

から その技術で作る訳なんです。

 

 

例えば、ジントニックをシェイクで作れば本当に悲惨な結果になりますし

(気になった方はお試しあれ(笑))。

 

 

ただ、「お客様のリクエスト」という不動の+があるのならば、

私達はセオリーを無視して、お客さまの「満足」に向かい努力をさせて 頂きます。

 

お気に入りのカクテルをいつもと変わったアプローチで楽しみたかったら、

是非カウンターでアクビしてる山岸まで!!