フェイスブックページへ

ホールスタッフブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012/12/06

おせっかい屋 オープン当初の様子は

こんにちは!さや香です。

一昨日は、ゆったりした店内でした。

 

 

なのでお客様とゆっくりお話しできて、楽しかったです★

 

 

うちは地下なので、初めてのお客様はほとんどお見えになりません。

しかしこの日は初めてのお客様がたくさんご来店くださり、本当に嬉しい限りです。

 

 

ハイチーズ★↓

 

 

 

 

当店の店前に流している動画をご覧になって、ご来店下さったとのことでした。

(また、お待ちしていますね!)

液晶関係のお仕事をされていらっしゃるそうで、やはり自分の仕事に関することには

どうしても目がいってしまいますよね。

 

 

 

 

お客様と、オープン当時の話になったので、ちょっと思い出してみました。

前回もちょっとだけ書きましたが、当時の様子がどんなだったか。

 

 

 

 

 

オープンしたのは2011年3月14日。

そう、今でも爪痕が残る大震災の3日後です。

 

 

 

 

まずは大震災当日。

 

地震での直接的な被害はグラスが数個で済みました。

地震が始まって、「なんかゆれてる!?」と気づき、

当店のカウンター奥にならべているお酒のボトルを全員で抑えました。

なのでお酒はわれずに済みました。もし割れてたら大損害・・・(++)

 

グラスを惜しむ甲斐(震災翌日)↓

 

 

 

そしてそのあと、冷蔵庫を六本木に取りに行く予定があって、おせっかい屋男性スタッフが車で向かったのですが、

いつもだとすぐに付くのが、車が大大大渋滞で片道6時間。往復12時間かかって、

おなかをすかせながら、トイレも我慢しながら、がんばって運んでくれました。

夕方5時にでて、帰ってきたのが朝方5時。

 

また、留守番スタッフはというと、電車も動かない、表の人も凄いことになってる、

店も片付いてなくてオープンできる状態ではなくて、全員泊まり込み。寒かった・・・

 

 

 

日が変わって土曜日と日曜日は、オープン準備で片づけまくってたっけ。

 

 

 

そしていよいよオープン当日。大震災が金曜日で、週が明けての平日の初日。

 

 

ニュースを見ると・・・

電車が走っていない。計画停電で家に電気がつかない。

会社から帰宅指示が出される。家に帰れない。家から出れない。

 

 

当時の上野↓

 

 

 

 

そんな日に飲みにくるわけないじゃん!

 

 

 

 

うちはというと、14日に開けますと告知していて、ご予約も頂いていたのであけるしかない。

それで何とか開けたものの・・・

 

オープンしてご予約のお客様以外入ってこられないので、店の前で呼び込みしていたら

「不謹慎だ!」

と叱られ、看板に電気を付けていると

「電気がもったいない、消せ」

と言われる始末。

 

 

 

 

・・・どうやって生活していくねん!

 

 

 

 

オープンしてしばらくは、ご来店されるお客様が一日に3組くらいだったでしょうか。

お金は出ていく一方で、これはオープンしたばかりだけど首をくくるしかないかも・・なんて思ったものです。

 

 

そんな辛い、辛い時期にもご来店いただいたお客様がいらっしゃって、

何とそのお客様方は今でもご来店くださっています。

オープン当日の動画(懐かしい!!)はこちら

 

 

 

 

そんな温かいお客様に応援して頂き、ご新規のお客様が常連様になり、

常連様が増えてきて、新しい常連様もできてきて・・・ということで何とかここまでやってきたという感じです。

 

 

 

本当にここまで皆様に応援いただいて感謝です。

今私たちがあるのは、皆様のおかげです。

 

 

 

まだまだ、お客様に楽しんで頂けるよう、満足して頂けるよう、新しいつながりができるよう、

精進しなくては!と思ったのでした。