フェイスブックページへ

ホールスタッフブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加

2012/12/27

2012年 辰年は「体は痛かった、心は温かかった」

 

 

早いもので、今年も残すところあと5日となりました。

年末はとにかく忙しくて、一年の中で一番の繁忙期(ありがとうございます!)だし、

年末調整はあるし、いろいろ〆切も多いし、正月の準備やクリスマスもあるし、

「忙殺とはこのことだ!」と思いながら・・・ふとどんな一年だったか?と思い返しながら書きます。

 

 

 

 

 

私個人にとっては一番大きな出来事は出産でした。

 

 

 

 

娘、明莉(あかり)生後2カ月↓

 

 

 

 

これまでいろいろ先輩ママ方に話は聞いてはいましたが、本当に180度生活が変わりました。

 

 

 

 

何もかも、自分のタイミングでは進まず、子供のタイミングで進めないといけない。

トイレも、お風呂も、食事も、睡眠も、子供のタイミングで。忍耐が必要です。

そして、外に出られない。遊びに行けない。友達とランチにもいけない。

夜飲みに行くなんてまず無理。これまで散々行ってたのに。

 

 

 

 

そんなこんなで辛いこともありますが、でも喜びの方が大きい。

出産して、退院して、娘が家に初めて来た時の感動は、言葉にできない。

本当に可愛くて可愛くて、将来が楽しみで、仕事を頑張る理由が増えました。

 

 

 

 

子供の話を書きだすと止まらないのでこのあたりにします。

 

 

 

 

さて、妊娠中からランチの出勤は控え、出産してからは1ヶ月半ほど店にも出れずに自宅待機していたのですが、

本当にたくさんの方に支えて頂いていたのだと、再認識しました。

親や彼氏と別れて、初めてその大切さがわかったという感覚に近いかも。

ありがたいことに誰とも別れてはいませんが。

 

 

 

 

 

まず、美月ちゃん。

美月ちゃんにはランチを完全に任せるようになった。始めは本当に大変だったと思う。

今は、楽しめる余裕はできてきたかな?

常連さんがほとんどの当店で、たくさんのお客様の顔と名前を覚えなきゃならない。

ランチはピークにどっとご来店があるので忙しい。飲食店が初めての美月ちゃんは本当に大変だったと思う。

それ以外にもPOPを作ってもらったり、事務作業を手伝ってもらったり。

面倒くさいことも多かったと思う。

本当にありがとう。

 

 

美月ちゃん、成人式↓

 

 

 

 

そして、一緒に住んでいる主人の母。

妊娠中から体を心配して頂いて、出産のときにも始めから最後まで一緒にいてくれて、どれだけ心強かったことか。

産まれてからも、今も継続中ですが、私が出勤している間娘の面倒を見てもらって、

朝から晩まで店にいるのに帰ってから子供の面倒をみるのは本当にキツいと思います・・・

まだしばらく続きますが、何とか負担がもう少し減るように、変えていこうと思います!

 

 

主人の母、絹代 成人式↓

 

 

 

 

そして、やまちゃん。

この二人については以前のブログ(やまちゃん)でいろいろ書いたので割愛。

といっても私がこれまでやっていた業務を引き継いでやってくれていて、

もともと忙しかったのにさらに忙しくなって、申し訳ない。

やまちゃんには少々面倒くさい業務を負担してもらったり、荒木田は勤務時間が長くなったり、

キツいことが多いと思う。

ありがとう。

 

 

内村航平に似てると言われる↓

 

 

 

やまちゃんは、劇団ひとりと山口達也をたして2で割ったような顔をしていると思う↓

 

 

 

 

 

そしてうちの旦那。

私がいない間、私の状況がどんな感じなのか、スタッフのみんなやお客様に伝えていてくれたと思う。

帰る前に何かいらないか?と電話をくれてプリンを買ってきてくれたり。

私が寝不足の時に子供の面倒を見てくれたり。

仕事で抜けていることを確認してくれたり、軌道修正してくれたり。

店でも家庭でも、私を引っ張ってくれています。

頼もしく思っています。ありがとう。

 

 

父、溺愛↓

 

 

 

 

最後に、驚いたのは出産祝い!

お客様やお世話になっている方々からすんごくたくさんのお祝いをいただきました。

内祝いの際に数えた時にはざっと約40個。それ以降も頂いているので50個は軽く超えています。

皆さんが「何がいいだろう?」と考えて、それを入手して、お渡しくださったと。

お店以外のところで私たちのことを思い出してくれているということに、嬉しく思いました。

 

 

すぐに使えるもの、1歳から使えるもの、中には小学生くらいから使えるものもありました。

その都度、娘の成長を感じることができるのと同時に、

お祝いを頂いた方への感謝の気持ちも思い出すことができます。

 

 

 

 

長くなりすぎるようなので、このあたりにしようかと思いますが、

2012年がどんな年だったかというと、結論は「出産が大変だった!」

そして、来年は「感謝を形に変える年!」ということにしようかと思います。

年末年始は大阪の実家に帰るので、その時に具体策を練ろうと思います。

年明けの一発目のブログで、気が向いたら報告します。

 

 

 

ということで皆さま良いお年を!

来年もよろしくお願いします!!