フェイスブックページへ

社長ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加

2014/03/26

【第17回】柄にも無いですが・・・

 

こんばんわ☆

 

 

 

先に、言っておきますが、

 

 

 

 

 
今回は、

 

 

 

笑いの要素も、

 

 

 

下ネタも、

 

 

 

一切ございませんので、あしからず。

 

 

 

 

 

 

 

本日から、3週間、とある3社様の新入社員講師として、
東日本各地を飛び回っておりまして、現在、茨城県です。

 

 

 

 

っと、言うことで、いつもより、人員が少ない、当店。

 

 

 

 
いつも、ご来店頂いているお客様に置かれましては、

忙しくて、料理やドリンクが出てこない時には、
ただにするので、自分で作って、召し上がって下さいますよう、お願い申し上げます。

 

 

 

 

 

 

 
話は、戻りまして、
明日の朝から、ガラにもなく、4月末までに、5社様の100名近い、新社会人の皆様に、
初めて仕事で接する講師として偉そうに講釈を垂れる訳でございます。

 

 

 

その前に、緊張して眠れないわけでして、人に偉そうにする前に、自分自身のことを振り返っています。

 

 

 

 

 
ここからは、全くもって、私個人の振り返りでございまして、
これまでの、どうしようもない私をご存知の多くの皆様には、
全く持って共感頂けないことを、見越して記載させて頂きます。

 

 

 

 

 
遅れましたが、先々週の3月14日を持ちまして、1号店は晴れて三周年を迎えることができました。

 

 

一重に日頃から、ご指導、ご来店いただける皆様のご支援のお陰でございます。

 

 

 

 

 

 

 

この3年を振り返りますと、誠に、私自身の未熟さが弊社の成長を妨げる要因であったと痛感しております。

 

 

 

 

 

 
創業時のメンバーである、幡野、山岸はお店を離れました。

 

 

開店初日から頑張ってアルバイトから、社員になり、弐号店の店長の荒木田も退職しました。

 

 

 

アルバイトでも、ワタル、あきっっちょ、エンザン、柳瀬、ともみちゃん、アヤカちゃんは辞めて行きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本当に、私の経営能力の欠如により、既存社員を含め、多くの皆様にご心配とご迷惑お掛けして参りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 
ただ、これまで、上記の様に創業メンバーは、居なくなっても私と会社の軸はぶれていないと、自信がありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

違いました。

 

 

 

 

全くの、思い違いでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何故、私が、これまで、

 
好きなように生きて、

 
好きなことを実現できているのか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、共にする講師陣3名との、この数時間の振り返りで気付くことができました。

 

 

 

 

 

 

 
社会人になり、創業する前から、私の側で支えてくれている、嫁の「さや香」がいることを、私は気にもしていませんでした。

 

 

 

 

 

 

生まれてから、我がままで、どうしようもない私に、唯一優しく信じてくれたのが、母の「絹代」でした。

 

 

 

 

 

そして、この約1年半の私の仕事の原動力が、さや香と絹代がいるから生まれてきた、一人娘の「明莉」ちゃんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

嫁の「さや香」と、母である「絹代」は、紛れも無く創業メンバーです。

 

 

 

 

 

 
私は、古い考えの人間で、この二人には、面と向かって感謝を伝えたことがありません。

 

 

 

 

 

 

 
さや香には、

 

プロポーズもしていませんし、

 

結婚記念日さえも忘れて飲みに行ってしまう始末です。

 

 

 

 

 

 

絹代にも、親孝行といえることは、何もできていない。

 

 

 

 

 

 

 

 

只々、二人に共通して感じることは、私を信じて支えてくれているなと、言うことです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今の私に出来ることは、

 

 
さや香

絹代

美月

光介

ナベさん

しい奈

マサル

 

 

 

上記の8人の社員に、どれだけ、弊社で勤務したお返しをできるか。

 

 

 

 

 

そのご恩返しを、必ず、実現するべく、成長し続けることです。

 

 

 

 

 

 

そして、その姿を、娘の明莉ちゃんに感じて頂くこと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 
忘備録の様な、内容になりましたが、ご容赦願います。

 

 

 

 

 

 

 

明日からの、研修。

 

 

 

 
未熟な経営者ながら、自信を持って取り組んで参ります。

 

 

 

 

何卒よろしくお願いいたします。

 

 

 

 

 
おちまい

 

 

 

 

 

2014年3月25日 記