フェイスブックページへ

社長ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加

2013/03/11

【第9回】 人と人との「つながり」が人生を豊かにする

 

こんにちは~☆

 

昨日、川口で打ちっ放しをしていたら、急に砂が降ってきてビックリしました。

 

何か小学生の頃に、校庭で遊んでいると強風が吹いたときに砂埃が足に当たって痛かったのですが、そんな感覚を思い出すような変な天気でしたね~。

 

 

 

 

 

さて、今回は当店のコンセプトである、

 

 

「人と人とのつながりが、人生を豊かにする」

 

 

という事について。

 

 

 

 

 

 

 

っと、その前に・・・

 

 

 

 

 

実は、当店は今週の3月14日で2周年を迎えます☆

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆様ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

思い返せば、2年前のOPEN3日前。

 

 

 

丁度、2年前の今日に、東日本大震災がありました。

 

 

 

六本木に、業務用冷蔵庫を取りに行っていたら、未曾有の大渋滞。

 

 

 

夕方に出たら、帰ってきたのが翌日の明朝で、皆で店に泊まりこみで準備をしていました。

 

 

 

 

 

 

 

開店には、本当に多くの皆様に協力を頂きました。

 

 

 

 

 

おせっかい屋のロゴと看板のデザインは、高校のラグビー部の同期の古瀬に。

おせっかい屋のマークは、嫁の大学時代の友人のアヤカちゃんに。

初期HPのデザインは、幡野の友達のひろぴーに。

初期HPの作成は、防衛大学の後輩の白坂に。

FBは、幡野の友達のジローちゃんに。

店舗のデザイン・設計は、嫁の旧友の清重ちーちゃんに。

店舗施工は、幡野の旧友の棚本くんに。

工事は、棚本くんの会社の上原さんと、古川さんに。

 

 

 

 

その他にも、食材の仕入先、OPENする際のお手伝いに多くの仲間が協力してくれました。

 

 

 

 

 

 

そして、忘れもしないOPEN当日。

 

 

 

 

初めてのお客様にご来店頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高山ケンちゃん&紺野さんです。

 

 

 

 

 

 

店内には、このお客様一組。

 

 

 

スタッフ4人全員で、接客させてもらいました。

 

 

 

 

OPENから、数ヶ月間は、震災の影響もあり、毎日数名のお客様だけのご来店という、非常に厳しい経営状況でしたが、

 

 

 

当店の原点は、この数ヶ月の運営と、この時期のお客様にあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 神田の地元の方々

 

神田のサラリーマンの方々

 

知人からつながっていった方々

 

 

 

 

 

 

 一人一人のお客さんと、話をさせてもらって多くのご指導と気付きを頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

私は、この2年間で半端じゃない出会いを頂きました。

 

 

 

 

ただの知り合いじゃなくて、

 

 

 

腹を割って話せる友達が、幅広い世代にできました。

 

 

 

 

 

 

私は、飲食業に誇りを持ってますし、飲食店で働くことが大好きです。

 

 

 

ただ、今の外食産業のビジネスモデルには限界があると考えています。

 

 

 

ただ、店舗をいくら増やそうが、低賃金、長時間労働、上位職の優遇体制は、絶対になくならないと考えています。

 

 

 

だからこそ、私は飲食業の最大の強みである「つながり」から別業界に打って出る会社戦略を掲げて活動しています。

 

 

 

 


1.外食店舗によるコミュニティ機能の促進
  -人間関係が、希薄になっている現代の日本。
   この失われつつある「地域コミュニティ」の形成に積極的に取り組むことで、
   外食産業の革新を目指す。

2.地域コミュニティからビジネスへの展開
  -ビジネスマン、起業家、学生等の様々な人間によって構成される「地域コミュニティ」。
   それぞれのニーズに合わせた「場」を提供することに加え、
   想いを実現するための「第一歩を踏み出す場」という価値を創出する。

3.ノブレス・オブリージュの精神
  ―「高貴なる者の義務」
     「食」に留まらない、多くの価値を提供し「地域コミュニティ」の発展に寄与する。
    その過程の中で、我々も成長し続け、より良い日本社会の未来へ貢献する。


 

 

 

 

上記の経営理念を掲げ、おせっかい屋は社員ばかりで営業をしています。

 

 

そして、上場企業に負けない給料と、適正な労働時間を維持しています。

 

 

 

我々は、飲食業の強みを生かして、神田に存在するビジネスチャンスをつかむことで成長をしたい。

 

 

 

ようやく、3年目はそのスタートを切ることができそうです。

 

 

 

 

 

 

 利益とか、成果とか、ノウハウとか、経営知識とか、後からついてくる。

 

 

 

 

大企業で勤めなくても、人生で重要なことは学ぶことはできる。

 

 

 

 

人との「つながり」が全てを与えてくれる。

 

 

 

 

その出会いを、神田で創出したい。

 

 

 

 

初心を忘れずに、頑張りたいと思います。

 

 

 

 

これからも、おせっかい屋をよろしくお願いいたします。

 

 

 

 

3年目は、もっと面白いことやります!!!!

 

 

 

ってことで、今回のキーワードは「2周年」です。

 

 

 

 

 

 

 

 

2013年3月11日 記